<< sup Lv83 | main | Sup Lv85 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

船の能力に関して

 FFからBB,CV,SSまで。
すべての艦船における、水兵搭載時の能力の意味、見方、考え方を解説します。

========攻撃面========
砲兵、対空兵を軸に、命中、連射を解説します。
===================
●砲の集弾力
 「弾が散る」よく聞かける言葉ですが、これはその主砲を使う砲兵の「命中」能力
それに付随して、砲兵のレベル(ただ単にレベルが高いだけでも弾はまとまるようになる)
もしくは、その主砲自体の性能、(元々まとまりやすい砲もあれば、難い砲もある)
最後にFCSの性能。(集弾力=精密>自動>遠距離)
これらを気をつけることで、狙った位置に着弾させることができるようになります。
対空砲も同様です。

カンストは比較的早いとされ、レベル毎にキャップが掛かっている等、諸説ありますが
具体的な数値で計れるものではなく、いずれも公式設定ではないため、
これらは所謂「そうとされる事実」です。

●砲の連射力
 連射力に影響するのは、まず、その砲自体の連射能力を基本とし、
扱う水兵の「連射」能力が高くなるほど、次弾装填が早くなります。
こちらのカンストは、砲自体の連射速度の40%までが限界速度として測定されてます。
(たとえば、装填に10秒かかるのなら、最速4秒まで短縮)
主砲兵であれば、普通に育てていれば普通にカンストします。

●着弾視界
 艦長の統率能力、及び、船のFCSで変わります。
統率能力が上がれば目安となる緑の線が伸び、より正確な射撃が可能になります。

========防御面========
全水兵を軸に、修理、保守、機関を解説します。
===================
●基本防御
 船に乗っている全水兵の「保守」能力の合計値により上がって行きます。
防御といえば防御なのですが、わかりやすく言えば、
船体DPが増えると解釈したほうがわかりやすいかもしれません。
例えば、基本防御300の船であれば、30.0%UP 753であれば、75.3%UPとなり、
カンストは900です。(ドック内・装甲欄・基本防御力の右側の数字で確認可能)
全水兵の合計であるため、通常のBB用水兵構成であれば、
保守能力に特化した「保守兵(整備兵)」がいなくてもカンストします。
※排水量・乗船枠の限られた小型艦や、SS・CVでの保守兵運用は有用

●修理能力
 船に乗っている全水兵の「修理」能力の合計値により上がって行きます。
修理に特化していく「修理兵」が存在し、サポートスキルで「修理」というのが存在しますが、
現仕様では「全水兵」における修理値の合計なので、修理「兵」に拘る必要なはい。
(といっても、修理兵抜きではカンストはまず無理。)
カンストは秒間修理速度280〜290DPぐらい。
達成するには比較的難しいが、それは重ね掛け制限3人までの制約があった頃の話で、
今は4人、ないし5人載せればどの国籍でも達成できるようになった

●機関能力
 船に乗っている機関兵の「機関」能力の合計値で能力を発揮。
基本防御、修理と違い、機関関連能力は機関兵でしか発揮されない。
しかしながら、機関兵の保守・修理は適用されるため、このあたりが機関兵が重用される理由。

能力は2種 「機関増進」と、「機関維持」
・機関増進
 OH速度をより早くする能力。(巡航速度は早くならない。)
最大、巡航速度*1.7まで早くなる。所謂カンスト
・機関維持
 OH時間を長くする能力。
機関増進における*1.7カンストのようなものは存在せず、
能力が高ければ高い分機関維持が可能。
そのため、機関兵は載せれば載せただけメリットがあるとも言える。

at 12:53, おはし, 初心者ガイド

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 12:53, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。

sponsored links
profile
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア2」公式サイトはこちらへ